葉酸サプリおすすめランキング【妊娠・妊活に厳選サプリ】
赤ちゃん

葉酸が妊娠に大切な理由


葉酸は赤ちゃんに大切な栄養素。妊娠前から摂取した方が良い理由

赤ちゃん、妊娠を考え始めたら葉酸を摂ろう

そういった事がすぐに思い浮かぶくらいに、多くの女性に浸透してきた赤ちゃんに大切な栄養素「葉酸」。

なぜ葉酸をしっかり摂取することが大切なのかというと、

「妊娠初期における葉酸摂取の不足により、胎児における神経管閉鎖障害の発症率が高まることが明らかになっている事から、摂取が推奨」されています。
(日本では神経管閉鎖障害のうち脊椎に癒合不全が生じる二分脊椎が大部分だそうです)

また、葉酸は赤ちゃんの脳や神経を作る大切な栄養素の一つだそうです。

赤ちゃんにとって大切な栄養ですから、葉酸をしっかりと摂取してあげる事は母親として大切な事、と思います。

葉酸の効果については、また改めて詳しくまとめてみたいと思います。

厚生労働省が推奨する1日の摂取量は1日400μg

葉酸は、厚生労働省からも1日400μg(0.4mg)の摂取が推奨されています。
通常の食事からの葉酸摂取に加えて、栄養補助食品(サプリ)を活用して1日400μgの摂取です。

摂取量の上限は1000μg(1mg)とされています。

蓄積されにくい栄養素なので、毎日摂取することが推奨されているんですね。

この記事をご覧になって頂いている方の中には、これから赤ちゃんが欲しいと思っている、という方も多いと思います。

「妊活を始めるんだけれど、葉酸サプリ、何が良いのかな?」
「その前に葉酸ってなに?どれだけ大切なの?」
「葉酸、摂らないと赤ちゃんにどんなリスクがあるの?」

色々と知りたい事、あると思います。

私も1人目の子供を考え始めたときから葉酸サプリを飲み始めましたが、その時もすごく葉酸について調べましたし、2人目、3人目の時も新たに情報を調べ直し勉強しました。

3人目を妊娠・出産するまでずっと葉酸サプリを利用したおかげかどうかは分かりませんが、みんな元気に産まれてくれました。

これから1人目の赤ちゃんをお考えの女性もいると思いますし、2人目という方もいるでしょう。
妊娠・出産に関する話も色々と参考になれば、と思いますので書いていく予定です。

話を元に戻しますが、厚生労働省が1日400μgの摂取を推奨している葉酸ですが、摂取を推奨しているのは「合成葉酸」の方です。

つまりサプリメントの事なんですね。

食事から頑張って葉酸を摂取してください、と言うことではないんですね。

なんで?と私も最初思いました。

なぜ、合成葉酸(葉酸サプリ)を推奨しているの?

赤ちゃんにとって大切な栄養素「葉酸」を摂取するにあたり、なぜサプリなど栄養補助食品からも摂取するように推奨されているのでしょうか。

実際、葉酸の推奨量に達している妊婦の方は全体の約1割程度だと言われています。
残りの妊婦さんは、葉酸が不足しているということになりますよね。

妊婦の方は食事から葉酸を摂取しても必要量に達しないことが多く、特に妊娠初期には「つわり」がありますから食事を取れない日も多いです。
私もつわりには悩まされました・・・

ですから、葉酸摂取の補助としてサプリの活用が推奨されています。

またサプリによる葉酸摂取が推奨される理由として、

葉酸とサプリメント ‐リスク低減に対する有用性 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

の記事後半、

「葉酸の生体利用率」

の部分に記載がありますが、抜粋しますと、

「食品中の葉酸(dietary folate)の大部分はポリグルタミン酸型として存在し、モノグルタミン酸として消化吸収されるまでの代謝過程で様々な影響を受けるため、生体利用率は50%以下と推定されています。また水溶性ビタミンであるため調理損失も受けやすくなっています。」

ということで、摂取するには効率が悪いという理解で良いでしょう。

対してサプリメントでの摂取は「安定性及び生体利用率が高い」つまり、効率良く葉酸を摂取できる、と言うことなんです。

化学合成された葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)は全体の85%が活用されるとのことです。

サプリは他の製品も同じですが、少しでも効率良く栄養素を摂取できるように研究・開発されています。

ですから赤ちゃんに大切な成分である葉酸をしっかり摂取するためには、葉酸サプリの活用は効果的ですね。

これから赤ちゃんのためにも、しっかりと必要な量の葉酸が摂取できるようにしたいですね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓